L-Style

主に手帳。フランクリンプランナーや能率手帳ゴールド。その他気になった文房具など気ままに書いています。

本当にできるビジネスマンとは?きっと当たり前のことを当たり前にできる人がそう呼ばれる。

 

以前から、営業に関しての本は読むのは遠慮していました。

 

 

なぜなら営業の成功本とはあくまでその著者が成功した事例であり、その読者にとっても通用するかしないかわからないからです。

 

 

 

こんなこと書くと批判みたいにとらわれるかもしれませんがもちろん自分の職種や経験を著者と比較して共通することが多いのであれば読んで見るのも、それはアリかと思います。

 

 

そしてその中に書かれていることを実践するしないかも買った人次第。ちなみに本を買ってその内容を実行する人は全体の2割に満たないといいます。(確かにそこで営業方が確立されているなら、新しい営業本なんて出るわけない)

 

 

たくさんの先輩方や取引先の人を見てきてこの人は仕事ができる、見習いたいなと思った人の特徴は大体こんな感じです。

 

 

 

 

1仕事を楽しんでいる

f:id:drymartini-0202:20170706102117j:plain

みなさん例外なく仕事を楽しんでいます。仕事=趣味のような感じで他の人にあるような「仕事が辛いな」「行きたくないな」といった感情がありません。楽しんでいるから前向きな考えで、いつもハツラツとしています。

 

何歳でもそのガッツは変わりません。年齢で言えば若いはずの私でさえ熱意が負けそうになる程アツいです。

 

 

2身だしなみが常に整えられている

f:id:drymartini-0202:20170609164251j:plain

靴が綺麗というのがその代表ではないでしょうか。初めは色々な本とかで書かれているように嘘なんじゃないかと思ってましたが、本当にピカピカです。

 

 

スーツもシワなく綺麗にアイロンがかかり自分にあった服装というのをしています。もちろん高級なスーツを身にまとっているという方もいるのですがそれぞれの身の丈にあった服装をしておられます。

 

 

 

3簡潔に的確にモノを言う

f:id:drymartini-0202:20170706102307j:plain

これは仕事をする上でついた特徴なのではないかと思います。常に簡潔に的確に発言をします。無駄なことは一切言わないので聞いているこちらも非常にわかりやすく、言い訳ができません(笑)

 

ですので話すこちらも的確に言わないと真意が伝わりません。むしろそう言う風に言うように教えられているのではと思います。

 

 

 

4自分の発言に責任を持っている

もし間違っていたとしても「申し訳ございません」と言える強さがあります。ごまかしたり責任転嫁なんかしません。なので周りから非常に信頼を得ています。軽々しい言葉はビジネスの場では使いません。

 

 

 

5知識が豊富

業界知識だけでなく、自分が今まで培ってきた知識を他の人とは比べ物にならないほど持ち合わせています。またそれを聞かれればためらいなく教えます。この人に聞けば間違いない。そう思わせるだけの知識を持っています。

 

 

 

まとめ

たくさんの人と出会ってきた中でただ単に仕事ができる人はたくさんいました。しかし本当にできるビジネスマンはと聞かれると思い出せるのはほんの一握りです。当たり前のことを当たり前にできる人は本当に少ないんだなと思います。

 

以上「本当にできるビジネスマンとは?きっと当たり前のことを当たり前にできる人がそう呼ばれる。」でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村