L-Style

主に手帳。フランクリンプランナーや能率手帳ゴールド。その他気になった文房具など気ままに書いています。

あえて手帳に記録する。反省とカイゼンのために。

 

今週から能率手帳ゴールドに書いていた日記を止めて、睡眠時間やカロリーの記録、ジムでのトレーニング内容などのコンディション記録用として使い始めています。

 

過去の能率手帳ゴールドの使い方↓

drymartini-0202.hatenablog.com

 

私は今まで記録は主にアプリ内だけで完結して、別に書き記すということはしませんでした。

スマートフォンがこれだけ普及した今、アプリを使えば簡単に記録できます。あえて手帳に記録する意味を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

1 今使っている記録アプリたち

1「sleep Cycle」

 

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

有名な睡眠記録アプリ。ノンレム睡眠とレム睡眠を感知して、眠りが浅いところで、アラームを鳴らして起きやすくしてくれる。最近のアップデート(かな?)でいびきを検知して自動で録音してくれるのが面白い。

 

 

2「あすけん」

 

 

食事記録アプリ。「ダイエットのための」とあるが、1日や1食分のカロリーが知れたり、栄養素をどれだけ取っているか知れたりと自分の食事がどれだけ健康的にできているかという意識づけに便利かも。

 

3「GymGoal Pro」

 

GymGoal Pro

GymGoal Pro

  • Maryna Kolokolkina
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥1,080

 

ジムへ行った時の、実行したトレーニング種目の管理やインターバルに使用。簡易的なトレーニングのやり方もついているし、いつ何をトレーニングしたかもすぐにわかる。また、部位別からトレーニング検索も行えるのでどんなトレーニングがあるのかを知る時にも使える。

 

 

4「Runkeeper」

 

Runkeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

Runkeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

  • FitnessKeeper, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

ランニングのお供に。ペース配分から距離、時間など細かく指定できる。もちろんGPSで走ったルートも自動で記録。

 

5「Studyplus」

 

 

勉強管理用。正直SNSは使っていないけど、他の人がどれぐらいの時間勉強しているか分かったりして、モチベーションになるし、勉強時間の可視化ができるので効率よく学習できる。

 

2 なぜ紙媒体に記録するのか

f:id:drymartini-0202:20170614161311j:plain

 

以上が私の使っている記録アプリですが、使っていて、便利だと思ったのは次の5点。

 

 

  1. 記録が簡単
  2. 記録したことが自動でグラフ化
  3. 忘れないようにリマインダーを設定できる
  4. アプリによっては他の人の進行状況などが確認できる
  5. 様々な付加機能がついている

 

 

といったところでしょうか。記録が簡単なのは言わずもがな。グラフ化できるのはかなり便利です。紙媒体ではなかなかこうはいかないですし、エクセルなどを使うのは大げさ(正直面倒かな)というのもあります。

 

 

 

記録したことを忘れないようにリマインダーはついているし、デメリットはスマホをなくしたり、データが消えてしまった時にどうするかということぐらいかなと思っています。バックアップ機能があったりする場合は課金しなくちゃいけないとかありますよね。

 

 

 

3 その記録は本当に役立てているのか

f:id:drymartini-0202:20170614161357j:plain

 

アプリで記録しててふと思ったのが、見返してはいるけれどそれを次の改善に役立てているのか?ということです。

 

 

 

要は、ただ記録するだけになっていないかということです。

 

 

 

記録して満足。見返すことなんてほとんどない。

リマインダーも記録することは促しても、見返すことまではリマインド機能はなかなかついていない。

 

 

 

これじゃあ、何のために記録しているのかわかりませんよね。

ダイエットのために食事記録をつけている。この資格がとりたいから勉強の記録をとって足りないところを客観的に見ている。など本来は見返してその記録を改善のために使うのが正しいやり方かなと考えます。(これに当てはまらないものもありますが)

ということでチャレンジという形で能率手帳ゴールドに記入することにしました。

 

 

4 能率手帳ゴールドに記録する内容

f:id:drymartini-0202:20170510120649j:plain

 

能率手帳ゴールドに記入するのは、

 

 

  1. 睡眠時間
  2. 1日のカロリー
  3. ランニングや自己研鑽の有無
  4. 歩いた歩数
  5. 1日どうだったか(☆を書いて感覚的に見るようにする)
  6. 体重

 

 

 

本当はメインのフランクリンプランナーに書こうと思ったのですが、1日1ページという形式上、見返すのが週間レフト式の能率手帳ゴールドに比べて不利だと思ったのでこちらに記入します。(あとたくさん書いて情報がごちゃごちゃするのが嫌だったため)

 

 

5 まとめ

f:id:drymartini-0202:20170510121029j:plain

 

まだ記録し始めて一週間も経っていないのですが、「書く」ということはただ単にアプリの中の記録を見返すだけよりも格段に違います。

 

 

アプリなら「あー、今日はダメだったな」「明日はちゃんとしよう」ということであ割るのが手帳だと、書いているうちにどうすればいいか、なぜそうなってしまったのかということを調べようとします。

 

 

おそらくすぐ書ける状態にあるので色々考えようとするのでしょうか。アプリだとなかなかこうはいきませんでした。(そんな情けないのは私だけかも)

 

 

また時間が経って感じた効果などを改めて記したいと思います。

 以上、「あえて手帳に記録する。反省とカイゼンのために。」でした。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村